筆文字セラピーの効果的な理由

こんにちは
筆文字セラピーがなぜ、効果的なのか
それは、まず他のセラピーとの違いや特徴にあります。

以下にまとめました。
 名称未設定

他のセラピーとの特徴は
なんといっても
自分の周囲も自動的にすぐにかわってしまう
ということです。
  

よく自分がかわれば
周りもかわるとうことを聞いたことがあります。

それが、すぐに感じられて
しかも、感謝というお礼付きでかえってくるのです。

20150809213359

普通のセラピーでは
物質化することはほとんどありませんので
これば物質的に行われるのが
筆文字セラピーです。

アートセラピーでも可能では?
と思われるかもしれません。

たしかに、書道が苦手だったりすると
アートの方が好きと言われるかもしれません。

もちろん好き嫌いはあっていいとおもいます。
筆文字とアートセラピーの違い大きく2つあり
時間がなくてもできてしまうのが特徴です。

そして、意外とこの時間が
ネックなのです。

例えば、筆文字は60秒
アートが60分かけて作るものとして
この違いは、量の生産になります。
そして 時間の確保ができるということです。

そしてより多く数をこなすことができる
ことにより。
その分、多くのセラピーの回数につながります。

その分、癒しの速度が速いということです。

もうひとつは
言葉のエネルギーです。
言葉というのは言霊というとおり
魂がこもっています。その人の思いや感情です。

アートは、受け取る側の見方や感じ方により
与えるものは様々ですが
言葉というのは、明確なものが伝わります。

ありがとうという感謝の言葉で、悲しいなどの感情を伝わる
というのは、まずないでしょう。(例外もあります)

その他の特徴としては

特に
人とのコニミケーションが苦手意識にある人は
自分に向き合う時間も必要ですが
相手と向き合う時間も確保することにより
コニミケーション苦手意識がなくなっていくのです。

自己尊重を高められるのは
自分の意識他人から得られる意識と両方の
効果がより自分への期待
を高めることができるのです。

つまり、自分に自信がない
人に嫌われるのではないか?という感じに
思っている人見知りの方にはうってつけの
ものなのです。

言葉でこの上記のように説明をしましたが
 
まずは体感してみることをお勧めします。

最新のセミナーはこちら

コメントは受け付けていません。