子供を産んだ感動を呼び起こす

こんにちは、筆文字クリエーターの仲秋です。
子供を出産したことのある女性なら
おそらく、経験があると思います。
500x0_53a7e8c2-82cc-45d4-94ea-69d40a0100b9.jpg
陣痛の強烈な痛みにもかかわらず
子供を産んだあと、幸せを感じる人が
ほとんどです。

その正体は
幸せホルモンとよばれる

オキシトシンというホルモンです。

もともとの作用は
お母さんが赤ちゃんを産む時に子宮の筋肉を動かしたり
母乳をよく出るようにするための
ホルモンです。

近年研究が進み、母性や社交性
好奇心を強めるはたらきがあることが分かってきました。

さらに、親子間の愛情や男女間の愛情と関係して
オキシトシンが作られる
ということも分かってきたのです。

このオキシトシンはまさに
母親が子供に向けて愛情を与えるための
ホルモンということがわかります。

実は私がお伝えしている
筆文字は

自分の中からでてきた言葉
をまるで赤ちゃんと同じように
大切にできるものなのです。

誘導ではなく100%自分からです。
それに良い悪いものはありません。
それに愛情がうまれれば
オキシトシンがでるのです。

さらに
筆文字は人と人とをつなぐ縁作りに
もっとも有効な手段です。
それは、感情や思いが伝わりやすいから
相手との距離を縮めることができるのです

人と触れ合うこと、スキンシップ
そして、感情を味わうことで
オキシトシンは分泌されるといいます。

あなたも筆文字で
幸福を味わいませんか?

コメントは受け付けていません。